ドラゴンボール超125話速報とネタバレ・内容や動画を紹介

ドラゴンボール超125話「威風堂々!破壊神トッポ降臨」

の速報とネタバレ、その内容や無料動画を紹介しております。

では早速見ていきましょう!!


スポンサーリンク


ドラゴンボール超125話速報とネタバレ・内容

悟空とベジータは相変わらず、ジレンと白熱した戦いを続けている。

悟空がジレンを羽交い絞めにし、ベジータがファイナルフラッシュを放つを放つが、ジレンの眼力で弾かれる。

その後、ジレンに吹き飛ばされる悟空。疲れ切る二人。

ベジータ:「くそったれが!これだけ攻めているのに、汗一つかかないでいやがる….」

心配する観客席の仲間だが、悟空とベジータの力を信じて見守ろうと悟飯が皆に声をかける。

そこに、破壊神ビルスが「悟飯も良くやったぞ!」と褒める。

悟空とベジータは再度ジレンに攻撃を仕掛ける。

そんな中、17号はトッポの攻撃から逃げまどっていた。何か閃いた17号は連続エネルギー弾をトッポに浴びせ続ける。

18号「エネルギーが無限の私たちは、時間切れになるまで、足止めをすればいい」

これが17号の作戦であった。

トッポはエネルギー弾の動きを見切り、17号にエネルギー波を打つ。

これに17号も応戦する。

しかしトッポのパワーに押されて、場外に落とされる直前に、フリーザがトッポにレーザーを当てて、ひるませる。

フリーザは無防備状態のトッポの背中にレーザーを当て続ける。

弱ったトッポに特大のエネルギー波を放つフリーザ

 

フリーザ:「さようなら。正義の戦士様」

フリーザのエネルギー波と17号のエネルギー波に挟まれトッポは場外に吹き飛ばされる。

と、皆が思ったが、トッポは辛うじて場外を逃れる。

しかし、強烈な攻撃だったために、その場で気を失って倒れてしまう。

フリーザがとどめを刺します。

フリーザ:「ごみはゴミ箱へ….」

その時、トッポに変化が起きます。

トッポ:「もう正義はいらん。覚悟を決めた。」

一方で、悟空とベジータ・ジレンはトッポの気を感じ、一旦戦いをやめる。

ジレン:「覚悟を決めたか!トッポ」

ビルス:「馬鹿な!こんなことがあり得るのか?」

界王神:「これは神の気に限りなく近い」

トッポの体が大きくなる。そしてトッポの体から光が放たれる。

トッポの体が紫色のオーラに包まれ、おなかにマークが出現したトッポが出現。

ビルス:「破壊だ」

皆:「え!?」

第11宇宙界王神「第11宇宙の破壊神候補なのだ」

なんとトッポは破壊神の候補であり、今は破壊神トッポに変身したのだった。

甘く見るフリーザ。

トッポは破壊の力を持つエネルギー弾をフリーザに放つ。

フリーザは過去に破壊の力を経験していたので、余裕を見せる。

フリーザはエネルギー弾を手で受け止めようとする。

フリーザ:「こんなものォー」⇒ フリーザ編の元気玉の時のセリフ(笑)

破壊玉の力は強烈で、武舞台が割れてしまった。

次に破壊神トッポは17号に狙いをつける。連続光線を打つトッポ。17号はバリアで防ぐ。

しかし、力とスピードが格段に増しているトッポの前に、徐々に追い詰められていく。

ビルス:「破壊の力を身にまとわせることが可能なんだ」

クリリン:「じゃあ、直接ダメージを与えることができないじゃないか!!」

しかし17号は諦めず、そのスピードでトッポを囲います。トッポは17号の攻撃にはビクともせず、再度極大の破壊玉を17号に放つが外れる。

ビルス:「破壊の攻撃を行う時にはタメが必要となる」

クリリン:「ならその隙をつけば!!」

逃げて、隙を伺う17号。しかし追い詰められた後に、再度破壊玉をトッポが打とうとする。

そこに、やられたかと思われたフリーザが攻撃し、破壊玉をキャンセルさせる。

フリーザ:「何が破壊神ですか!そんなものこの私が文字通り、破壊してあげますよ!!」

と怒り心頭のフリーザ。

フリーザは極大のデスボールをトッポに放つが、トッポは小さな破壊玉をデスボールにぶつけて、余裕で消滅させてしまう。

トッポの攻撃をもろに食らうフリーザ。

フリーザが場外に放り出されてしまったが、17号が石をフリーザにぶつけて、軌道修正し、場外を撒逃れる。

絶体絶命の17号だが、諦めたわけではない表情。

お互い、エネルギー弾を放ち、125話は終了する。


スポンサーリンク


ドラゴンボール超125話の動画を紹介

ドラゴンボール超125話の無料動画場所はこちらより。

まとめ

ドラゴンボール超125話速報とネタバレ・内容や動画を紹介させて頂きました。

いやードラゴンボール超はやっぱり面白いですね。

引き続き、速報ネタバレ内容や動画を紹介させて頂きます。

過去のドラゴンボールのアニメをもう一度見てみたいと思われる方はこちら

↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする