井の頭恩賜公園の桜2018の開花予想や見頃・混雑状況や駐車場情報

2018年も温かくなり、お花見の時期がやってきました。友達や家族・カップルで綺麗な桜を見ながら、楽しくおしゃべりしたり、お酒を飲んだりと楽しい恒例行事ですね。

国には桜花見の名所の観光場所は数多くありますが、どのような場所が有名なのか?や開花予想や見頃はいつなのか?が気になります。

また、有名な桜花見の場所は毎年人で混雑したり、地方なら車で向かわないといけないので、駐車場などの場所も気になりますよね?

そこで、今回は2018年度版として、埼玉県熊谷市になる超有名な井の頭恩賜公園の桜の開花予想や見頃、混雑状況や駐車場情報をまとめていきます。


スポンサーリンク


井の頭恩賜公園の桜の見どころは?

まず、初めて花見に行く人のために、簡単に井の頭恩賜公園の桜に関して紹介していきます。

井の頭恩賜公園全体の桜の本数は約500本です。池の周囲には約250本の桜があり、池に移り込んだ桜は非常に綺麗です。

七井橋の上から眺めることができ、桜が池の上まで枝を伸ばし、満開に咲いている様子は絶景です。

散っていく桜の花びらが池の中に落ちて、花びらで水面が覆いつくされるの様子もおススメです。

西園には多くの品種の桜があり、八重桜・しだれ桜・白花の桜・農紅色の桜などが咲き乱れております。

井の頭恩賜公園の桜の様子を撮影した動画です。

【2018年版】井の頭恩賜公園の桜の開花予想や見頃などは?

さて、2018年の井の頭恩賜公園の桜の開花予想や見頃・その他の情報を見ていきたいとおもいます。

  • 3月20日 ~ 4月10日

異常気象などがない限り、この期間に満開を迎えるそうです。

  • 夜桜観賞は可能
  • 桜祭りは無し
  • 売店は有り
  • 公衆トイレあり
  • 開園・閉園時間は24時間
  • 無休
  • 料金は無料

スポンサーリンク


【2018年版】井の頭恩賜公園の混雑状況や駐車場位置は?

混雑状況

井の頭恩賜公園の桜は全国の中でも有名なお花見の場所なので、見頃の時期は大変混雑しております。

但し、公園の敷地は非常に広いので、混雑して身動きが取れないようなことはないのでご安心を。

お花見の場所取りに関してですが、大人数のお花見をする場合、早朝に行く必要があります。

平日・休日に関わらず、電車の始発時間頃が目安です。

遅くとも朝8時には井の頭恩賜公園で場所を抑えましょう。昼になると、既に昼の花見組が来ており、大変な混雑になります。

駐車場情報

井の頭恩賜公園の周辺にはコインパーキングが多くあります。しかし、満開シーズンでは、おそらく一瞬で満車になってしまいます。基本は電車での移動を推奨しますが、どうしても車で行きたい方は、朝早くに到着するようにしましょう!!

また、井の頭恩賜公園の専用駐車場もありますので、利用しましょう。

160台  400円/1時間

アクセス情報

住所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
アクセス:【電車】JR・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩約5分 京王井の頭線井の頭公園駅から徒歩約1分 【車】中央道調布ICから約20分 中央道高井戸ICから約20分

URL:公式サイトはこちら

まとめ

2018年度の井の頭恩賜公園の桜の開花予想や見頃・混雑状況や駐車場情報などを紹介致しました。ぜひ、事前に情報をチェックして、楽しいお花見にしましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする