日中線記念自転車歩行者道の桜2018の開花予想や見頃・混雑状況や駐車場は?

2018年も温かくなり、お花見の時期がやってきました。友達や家族・カップルで綺麗な桜を見ながら、楽しくおしゃべりしたり、お酒を飲んだりと楽しい恒例行事ですね。

国には桜花見の名所の観光場所は数多くありますが、どのような場所が有名なのか?や開花予想や見頃はいつなのか?が気になります。

また、有名な桜花見の場所は毎年人で混雑したり、地方なら車で向かわないといけないので、駐車場などの場所も気になりますよね?

そこで、今回は2018年度版として、超有名な日中線記念自動車歩行者道の桜の開花予想や見頃、混雑状況や駐車場情報をまとめていきます。


スポンサーリンク


日中線記念自動車歩行者道の桜の見どころは?

まず、初めて花見に行く人のために、簡単に日中線記念自動車歩行者道の桜に関して紹介していきます。

日中線記念自動車歩行者道は1984年(昭和59年)に廃止された旧の国鉄日中線の跡地を利用して作られています。

その歩行者道(サイクリングロードとしても利用可)は、喜多方駅前から松山町村松までの約3kmの長さがあり、その道に沿って、1000本のシダレザクラが植えられております。

本当に見事な桜並木になっており、歩行道の途中には、当時運航していたSLが展示されています。

福島県で人気ナンバーワンの有名スポットです。

日中線記念自動車歩行者道の桜の様子を撮影した動画です。

【2018年版】日中線記念自動車歩行者道の桜の開花予想や見頃などは?

さて、2018年の日中線記念自動車歩行者道桜の開花予想や見頃・その他の情報を見ていきたいとおもいます。

  • 例年の見頃は4月中旬 ~ 5月上旬

異常気象などがない限り、この期間に満開を迎えるそうです。

  • 桜祭りなし
  • 夜桜観賞なし
  • 売店はなし
  • 公衆トイレあり
  • 開園・閉園は24時間
  • 休日は無し
  • 料金は無料

スポンサーリンク


【2018年版】日中線記念自動車歩行者道の混雑状況や駐車場位置は?

混雑状況

見頃シーズンのの混雑状況ですが、平日は人が多すぎて、身動きが取れないという事はないそうです。

お花見の場所取りを行う場合は、朝早くに行きましょう。日本さくら名所100選に選ばれているだけあって、見頃には多くの人が集まります。

駐車場情報

気になるのが駐車場の有無ですよね?

喜多方商業高校跡地臨時観光駐車場が存在し、約400台の駐車が可能です。無料で利用できるので、朝早くに到着しておかないとすぐに満車になってしまいます。

その他にも周辺のコインパーキングがあるので、それを利用するのも手です。

見頃シーズンの4月中旬~下旬にかけては、非常に混雑しているので、喜多方駅、遊歩道、街中を結ぶ循環バス(大人200円、小人100円)が運行されているので、それを利用する事をお勧めします。

アクセス情報

住所:福島県喜多方市字押切東・字諏訪 他

アクセス:電車】JR喜多方駅から徒歩約3分(自転車歩行者道入口)【車】磐越道会津若松ICから約25分

公式サイト:こちら

まとめ

2018年度の日中線記念自動車歩行者道の桜の開花予想や見頃・混雑状況や駐車場情報をお伝え致しました。

ぜひ、しっかりと準備をしてから、花見を楽しみましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする