ひな祭りの食事の由来や意味を徹底解説!食べ物に込められた意味とは

ひな祭りは子供の健やかな成長を祝う日本で恒例行事ですね。その中でも家族と一緒に食事してお祝いするのは最も楽しいものの一つです。

ひな祭りには昔から言い伝えられてきたお祝い料理があって、縁起の良い旬の食材が使われています。

そこで、この記事ではひな祭りに食事として出される料理や食べ物の意味や由来に関して紹介をしていきます。

食材ごとの意味や由来を知っていれば、より楽しく食事ができるのではないでしょうか?

関連記事:


スポンサーリンク


ひな祭りの食事!代表的な料理の由来や意味とは?

では早速ひな祭りの代表的な料理の由来や意味を紹介していきましょう!!

ハマグリのお吸い物

昔にハマグリは「貝合わせ」の遊びで用いられておりました。実は、ハマグリの貝殻は自身の貝殻でなければぴったりと合わないのです。

このような特徴からぴったりと性格が合う仲の良い夫婦を表しおり、一生一緒に生きていくという願いが込められた料理なのです。

意外と深い意味が込められていますね。夫婦が食べたい料理です。

菱餅(ひしもち)

菱餅はピンク・白・緑の3色の餅を菱形に切って重ねたものになります。実は色にもいくつかの意味が込められております。

  • ピンク=魔よけ、白=清浄、緑=健康で長生きという意味
  • ピンク=桃、白=雪、緑=大地を示しており、「冬の雪が無くなると、緑の大地が出現し、桃の花が咲き誇る」という意味

緑の菱餅は「血を増やす効果」があるよもぎが、白の菱餅は血圧を下げる効果があるひしの実が、ピンクの菱餅は解毒効果があるクシナシでそれぞれ色を付けています。

色を出す為の素材にも意味があるんですね!!

そして、菱餅のひしがたの形は「心臓」を表しており、不幸や災厄を取り除こうという意思や家族の健康を祈るという意味が込められております。

ひなあられ

 

ひなあられは子供の時によく食べましたね。

餅に砂糖を付けて火にかけた、ひな祭りでは定番の和菓子ですね。白・緑・ピンク・黄の4色で作られており、それぞれ四季を表しています。

餅に含まれるでんぷんが体に良く、「1年間子供たちが健康で育ちますように」という意味が込められております。


スポンサーリンク


白酒

蒸した米や麹をみりんと一緒にまぜて1ヶ月ほど熟成させた白酒はアルコールが含まれているので、子供は甘酒を良く飲んでましたね。

昔は桃の花びらを漬け込んだお酒が飲まれており、桃は邪気を祓い、体力や気力を回復させる効果があると信じられていました。

その後、江戸時代の頃からは白酒が主流になり、今に至ります。

ちらし寿司

ちらし寿司そのものに意味や由来はありませんが、使われている食材に縁起の良い意味が込められています。

ちらし寿司に使われる縁起の良い食材を紹介します。

  • 鯛:「めでたい」という意味で定番の食べ物ですね。
  • 海老:赤色=お祝いという意味と海老のように背中が曲がるぐらい長生きできるという意味です。
  • 筍:たけのこのようにまっすぐ元気に大きく育つようにという意味です。
  • まめ:体が丈夫で健康という意味を示します。
  • 蓮根:れんこんは穴がたくさん空いている食材で人生の見通しが良いという意味です。

まとめ

ひな祭りの食事の由来や意味を解説してきました。

食べ物に込められた意味が分かると、より一層美味しく召し上がれますよね。

今年のひな祭りも、子供(あかちゃん)が初めて3月3日を迎える初節句や子供や家族・親戚が集まって盛大なお祝いをするご家庭も多いかと思います。

今年は縁起の良い料理を食卓に並べて、子供たちの将来の健康や未来を祝ってみませんか?

きっと楽しい思い出になると思います。

関連記事:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする