卒業式2018!40代の母親の服装は?おすすめコーデを紹介!

2018年度の卒業式がもうすぐですね。お子様の成長に伴ってやってくる人生の中でも一大イベントです。年通っていた学校を旅立つ成長した子供の姿を見れるのは親にとっても嬉しい日ですよね。

そんな大切な卒業式ですが、どんな服装を着ていけばいいのか?と悩まれている母親も多いはずです。他の母親の目も気になりますので、場違いではなく、無難な服装を着ていきたいのではないでしょうか?

また、できればオシャレな服装で卒業式に参加したいと考えている母親もいると思います。

そこで、最近の流行として、40代の母親が2018年の卒業式で着ていきたいおススメの服装を紹介していきます。


スポンサーリンク


2018年・卒業式での母親の基本の服装とは?ポイント解説

小学校や中学校の卒業式では、一般的に30代後半から40代の母親になります。

卒業式は長年通っていた学校や先生・友達と別れるという意味もあり、正式なセレモニーとなります。

それなりの服装をしていく必要があります。黒・ネイビー・グレーの落ち着いた色を選択し、少しアクセントとして、フリルやコサージュを入れるとおしゃれ感が出てきます。

そこで、基本の服装ポイントを下にまとめてみました。

  • スーツは黒・グレー・ネイビー等で統一したシンプルなものが良い
  • スカートは動きやすいフレアスカートがおすすめ
  • ネックレスは清潔感のある真珠がおすすめ
  • インナーはフリルブラウスサテンなどの光沢のあるものやコサージュでオシャレ感を出せる。
  • ストッキングは肌色に近いカラーを選ぶ。
  • 靴はパンブスがおすすめ
  • バックはフォーマル感のあるがおすすめ。

スポンサーリンク


2018年・卒業式での母親の服装の注意点とは?

さて、卒業式に参加する40代の母親の服装の注意点や気を付けるべきことを紹介します。

靴はパンプスを選ぶべき:ヒールのようなかかとが極端に高い靴や逆にかかとが低すぎる靴はダメです。正式なセレモニーには似つかわしくないです。

ジャケットは必須:正式なセレモニーでありますので、ワンピースを着ていたとしても、必ずジャケットは着用しましょう!!

黒すぎる喪服はNG:全身を黒で統一したようなコーデや黒すぎるスーツやワンピースは弔辞用となるので、絶対着ていかないように注意しましょう!

コートはスーツの色に合うもの:3月でも肌寒さが残っている事も多いので、コートを着てくる母親は多いです。コートの長さはスーツの色に合うもので、丈の長さはショートかミドルにしておく事。

上記の点を意識して守っていれば、場違いな服装で卒業式に参加して恥ずかしい思いをすることも無いでしょう。


スポンサーリンク


2018年・卒業式での40代の母親におすすめ服装コーデを紹介

卒業式で40代の母親におすすめの服装コーデを紹介していきます。

最初にオシャレのポイントを紹介しております。

  • 3月はまだ肌寒い事も多いので、スーツの色に合わせたトレンチコートを準備しておく。
  • 足元を綺麗に見せる為に、肌色に近いストッキングを履く。
  • 胸元をオシャレに飾ってくれるコサージュを準備しておく。
  • 体型を綺麗に見せる為に、補正下着をつけると良い。
  • カバンはスーツの色にあったものを選ぶ。

上記の点を踏まえて、いくつかのコーデを紹介していきます。

ワンピース+ジャケット(黒)

黒入りのワンピースとジャケットを組み合わせたオーソドックスで無難な卒業式での服装ですね。コサージュとネックレスでアクセントをつけることで、オシャレに見えます。

ワンピース+ジャケット(ネイビー)他

控えめの花柄の入ったネイビーのワンピースに、同じ色のネイビーのジャケットの組み合わせ。カバンも同じ色に統一し、ネックレスは真珠の白で、白のコサージュでアクセントをつけています。

ワンピース+ジャケット(ネイビー)オシャレ

こちらもワンピース+ジャケットでネイビーで統一している組み合わせ。少しオシャレ感を出した可愛らしいデザインの服装です。

スーツ(グレー)

続いて、グレーのスーツです。こちらも良く卒業式で見かける服装ですね。スーツの色に合わせたコサージュ+ネックレスで合わせています。

スーツ(黒+グレー)他

ちょっと大人のカッコいいスタイルですね。黒のスーツズボンにグレーのジャケットで決めています。

まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする