節分2018!豆まきのやり方や由来・意味をわかりやすく解説!

今年2018年度もの2月3日の節分の日がやってきましたね。

節分の日と言えば、豆まきが恒例行事です。

「鬼は外!福は内!」と鬼を追いかけながら、豆をまきます。

でも、先日学生に「どうして豆を投げるの?どんな由来や意味があるの?具体的にはどんなやり方が正しいの?」と質問されて、答えられませんでした…

あなたは節分の豆まきの意味や由来、そして正しいやり方をご存知でしょうか?

毎年恒例行事の豆まきなので、知っていた方がいいですよね。

そこで、この記事では2018年度版として、節分の豆まきの基本情報や意味・由来、そして正しいやり方を解説していきたいと思います。


スポンサーリンク


2018年版!節分の豆まきの意味や由来は?

まずは基本的な事として、節分の意味についてご存知でしょうか?

節分とは漢字のごとく、「季節を分ける」という意味になります。

季節を分ける=季節が変わる日と考えられており、1年間で季節の変わり目は4回あり、「立春・立夏・立秋・立冬」と呼ばれておりました。

その季節が変わる前日のことを「節分」と呼ばれており、昔の江戸時代以降では、正月の厳しい冬が去り、新しい1年が春と共にやってきた立春の前日を「節分」と言われておりました。

その流れで、2月4日の立春(春がやってくる)の前日である2月3日が節分と意味するようになりました。

2018年度版!節分の豆まきってどういう由来があるの?

節分の豆まきですが、季節が変わる日には邪気(鬼)がやってくると考えられており、その鬼を追い払うための邪気払いとしての意味があります。

宇多天皇の時代(887年頃)に、山に鬼が出現して都を荒らしておりました。そこで、祈りを捧げ、鬼が出てきた山の穴を塞ぎ、大豆を投げて鬼の目を潰して、災難を逃れていたという伝説が始まりと言われております。

昔は普通に鬼の存在が信じられていたんですね。でも大豆で撃退していたのは嘘くさい…(笑)

大豆を使う由来や意味ってなに?

さて、ではどうして大豆を使用していたのでしょうか?

大豆を使う由来や意味を見ていきたいと思います。

昔の人々は「穀物には生命力と魔よけの力が備わっている」と信じられておりました。

そして、穀物の中でも、豆は語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」と呼ぶことができるので、鬼の目に投げつけて鬼を退治する穀物として用いられていたのです。

単に語呂合わせかですか…(笑)

その為、豆を鬼にぶつけて邪気を追い払い、今年1年間は健康で災難が無いようにと願っていたわけです。


スポンサーリンク


節分の豆まきの正しいやり方はどうするの?

さて、節分の豆まきの由来や意味を紹介してきましたが、実際に豆まきを行う時はどのような方法が正しいやり方なのでしょうか?

声がけを行う

まず、豆を撒くときは掛け声を行うのが一般的です。

これは皆さんもご存知のように、豆を撒く時は「鬼は外、福は内」と声をかけます。

しかし、地域や神社によっては掛け声の仕方が異なっており、鬼を鬼神と祭っている神社は「鬼は外」ではなく、「鬼も内」と言われております。

また、別の神社では、鬼を改心させ、弟子にしたという言い伝えもあり、この場合も「福は内、鬼は内」としています。

その他にも、鬼のつく地域名に住んでいる人や自分の名前に「鬼」が含まれている人は「鬼の内」と呼んでいるそうです。

まあ、自分の名前に鬼が含まれていたら、家の内に入れてあげたいですね(笑)

炒った豆を使用する

使用する豆は、火で炒った豆を使用します。

炒った豆を使用する理由としては、昨年の厄災(鬼)と一緒に捨てられるものであるので、撒いた豆から新しい芽が出てくる=新しい厄災が生まれるという意味を示してしまうので、不都合になってしまいます。

北海道・東北・北陸。南九州の過程では落花生を撒いているそうです。

落花生は大豆よりもサイズが大きいので、拾いやすく、殻があるので地面に落ちても汚くないという合理的な理由によるものです。

また、餅や菓子・みかんなどを投げる地域や寺もあるらしいです。


スポンサーリンク


豆まきは夜に行う

鬼は夜にやってくるので、その時に豆まきをするのが一般的です。外でまいてしますと、暗くてわからないので、家の中で行うのが一般的ですね。

最後に豆を食べる

豆を撒いた後に、撒かれた豆を自分の年齢の数だけ食べると縁起が良いと言われており
、また自分の年の数よりも1つ多い数の豆を食べると、免疫力が上がり、風邪をひかなくなるという言い伝えもあります。

例えば、70歳の人は71個も豆を食べないといけないので、大変ですね笑


スポンサーリンク


まとめ

2018年度版として、節分の豆まきのやり方や由来・意味を紹介してきました。

実際に豆まきをする際に、どういう意味があるのか?なぜこんなことをするのか?と疑問に思いながらするのと、その意味をしっかりと理解して行うとでは気持ちのモチベーションが全然違いますよね。

ぜひ、今年2018年の節分の豆まきはいつも以上に楽しく家族と過ごして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする