東京ディズニーランド2018!春休みの混雑予想や待ち時間短縮法は?

日本の中でトップクラスの大人気テーマパークである東京ディズニーランド。卒業旅行や修学旅行、長期休みで多くの人が訪れるモンスター級のテーマパークですね。

2018年度の春休みに東京ディスニーランドに行く予定を立てる人も多いのではないでしょうか?

そんな方は、どのくらい混雑しているのか?また、待ち時間を短くする方法はないのか?と気になっているはずです。

そこで、この記事では2018年度版として春休み期間の東京ディズニーランドの混雑予想や待ち時間を短縮する方法を紹介していきます。


スポンサーリンク


2018年春休みの東京ディズニーランド混雑予想

さて、早速東京ディズニーランドの春休みの混雑予想を解説していきますね。

今年の春休みシーズン期間は2018年3月24日(土)~4月8日(日)あたりと思われます。まずは、混雑予想表を見てみましょう!!

2018年3月の混雑予想

2018年4月の混雑予想

上に紹介した混雑予想スケジュールを見て頂けるとわかるように、3月後半の春休みシーズンは大変な混雑になることが予想できます。

入園制限が起きてしまう事もあるそうです。

当然、平日であってもアトラクションやレストランの待ち時間が120分以上になることも多いので、並ぶのに慣れていない人はゾッとしますね・・・。

2018年3月の混雑予想

3月は既に大学生は春休みシーズンなので、月初めから大半がやや混雑している状況です。

また、高校生は3月初めに卒業式がある学校が多いので、その後に多くの高校生が遊びに訪れる流れが毎年起きます。

遊びに行くなら、3月15日までの平日で、特に週の始まり(月火水)がそれほど混雑しておらず、おススメです。

3月後半の春休みシーズンになると、小学生・中学生・高校生が一気に押し寄せますので、もはや満員電車状態の混雑状況となります。

出来る限り、避けた方が無難でしょう!!


スポンサーリンク


2018年4月の混雑予想

4月に入りますと、3月後半よりは空いてきます。

特に4月の6日・7日・8日の週末がねらい目ですね。春休み最後のイベントとして、あえてディズニーランドへの予定を入れるのも面白いかもしれません。

2018年春休みの東京ディズニーランドを楽しむための待ち時間短縮方法

上で紹介をさせて頂きましたように、春休みの東京ディズニーランドは大変混雑します。その為、どのようにアトラクションなどの待ち時間を短縮するかどうかがカギとなります。

その方法として、アトラクションの待ち時間やファストパスの発券情報がわかる無料アプリをスマホでチェックする方法があります。

無料待ち時間アプリ「待ち時間 for TDL TDS」のダウンロードしましょう!!

TDL TDSでアプリ検索します。

この無料アプリをダウンロードしておくことで、簡単にキャラクターグリーティング施設の待ち時間やアトラクションの混雑情報をリアルタイムにチェックすることができます。

また、人気のアトラクション、特に絶叫トラクション系は必ず混雑しますので、ファストパスを取りましょう!!


スポンサーリンク


ファストパスの取得方法や使い方・発券ルール

さて、ファストパスの取得方法や使い方・発券ルールを簡単に紹介します。

ファストパス取得方法

まず、取得方法ですが、入園してから専用の発券機を使用する必要があります。

ディズニーランド内の各アトラクションの近くにファストパス発券所があります。

発券機にはQRコードを読み取る部分があり、チケットのQRコードをかざすとファストパスが発券できます。

ファストパスが使用できるアトラクション一覧

実は、ファストパスが使用できるアトラクションが決まっています。混雑するアトラクションの為に用意しているチケットというイメージですね。

  • ビッグサンダー・マウンテン(平日:52.6分/休日:71.1分)
  • スプラッシュ・マウンテン(平日:55.6分/休日:69.2分)
  • プーさんのハニーハント(平日:50.5分/休日:67.8分)
  • ホーンテッド・マンション:(平日:33.3分/休日:43.2分)
  • イッツ・ア・スモール・ワールド
    (※2018年4月15日(日)~ファストパス対象アトラクション)
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(平日:29.1分/休日:34.0分)
  • スペース・マウンテン(平日:50.5分/休日:67.8分)
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(平日:48.8分/休日:69.3分)
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!(平日:54.6分/休日:77.7分)

ファストパスは一度発券したら次の発券まで2時間は取得できなくなります。

発券できるようになったら早い段階で次のファストパスを取りに行くことで、より多くのファストパスを発券することができます。

ファストパスを活用すれば待ち時間も少なく済みますし、効率的にパークを満喫できます。

まとめ

2018年度春休みの東京ディズニーランドの混雑予想や待ち時間短縮法を紹介させて頂いました。

なんの対策も無くディズニーランドに来てしまうと、ただただ待ち時間が長くて、まったく楽しめない状況になりますので、しっかりと準備をしていきましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする