【シグナル】13話14話15話のあらすじとネタバレ&感想・動画紹介

韓国で大ヒットドラマとなった【シグナル】の13話14話15話のあらすじとネタバレ・感想・動画。

韓国で大きな話題となったドラマ【シグナル】の13話14話15話のあらすじとネタバレを紹介しております。また、無料で動画を見る方法もお伝えいたします。


スポンサーリンク


シグナル13話のあらすじとネタバレ

ジェハン殺害の犯人がチス係長であることを知ったスヒョンですが、実際のジェハンの遺体は未だ見つかっていませんでした。その事実からスヒョンはジェハンは実はどこかでまだ生きているのではないか?と期待していました。

そんな中で、ソンボムの別荘で白骨遺体が発見されたと知らせが入ります。身元を調査する為にDNA鑑定が行われることになります。警察メンバーの多くはジェハンではない事を祈っており、当然スヒョンも違う事を心の底から願っていました。

一方で、ヘヨンはジェハンには生きていてほしいと強く願うと同時に、既に亡くたっているなら、遺体が見つかってほしいと考えておりました。

過去のジェハンはと言うと、高校にたどり着き、意外な事実を知る事になります。

シグナル14話のあらすじとネタバレ

ヘヨンは15年前の誘拐事件と同時に、兄ソヌが関与していたと言われている女子高生集団事件の捜査を行っていました。ヘヨンは兄の無実を信じながら、高校に立ち寄り、聞き取り調査を始めます。事件の目撃者と接触することができ、事情を聞き取る中で、兄のソヌが犯人で間違いないという証言を聞くことになります。

ヘヨンは目撃者からの言葉に衝撃を受けますが、すぐにその証言には、矛盾があることに気が付きます。そこからヘヨンは目撃者に対して、質問と追求を繰り返し、本当の事を聞き取ることに成功します。

事件の本当の犯人はチスだったのです。

警察の係長であるチスが女子高生集団暴行事件に関わっている事実に驚くと同時に怒りがこみ上げてきます。

一方で、過去の場面で、少年院にいた兄のソヌがジェハンに電話をかけています。


スポンサーリンク


シグナル15話のあらすじとネタバレ

ソヌからの電話をうけて、ジェハンはソヌが集団暴行事件に関わっていない事実を知る事になります。無実の罪を着せられたソヌを助ける為に、ジェハンは一人で山に向かっていくのです。

一方で、現代において、チスが誰かに殺害されます。警察はチス殺害の犯人がヘヨンであると確信しており、ヘヨンは警察に追われる立場になってしまいます。

ジェハンはソヌを助けるために一人山に向かいましたが、犯人に襲われてしまいます。さらに犯人から銃口を向けられてしまい、絶体絶命のピンチに陥ります。

その頃、スヒョンはヘヨンとジェハンが無線機で交信している事実を知る事になります。その意外な縁を不思議に感じるのでした。

シグナル13話・14話・15話の感想

ジェハンの遺体が見つかっていない事を考えると、ジェハンには生きていてほしいと強く思います。白骨死体がジェハンではありませんように。

女子高生集団暴行事件の真犯人がチス係長だったとは驚きです。警察官のクズですね(笑)。兄のソヌが可哀そうです。

犯人に襲われたジェハンと現代でピンチのヘヨンがはたしてどうなるのか?気になりますね。

関連記事:

ドラマ【シグナル】を無料で見る方法とは?

韓国で大ヒットを記録した【シグナル】13話14話15話のあらすじとネタバレや感想を紹介させて頂きました。

ドラマの設定がユニークで、時空を超えたストーリーが興味をそそります。絶対面白いですね。

韓国版のシグナルは既にいろんな動画サイトで配信されていますので、気になる方は下のリンクよりお進みください!!

↓↓↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする